シンママ(シングルマザー)出会い

 

私は34歳の男性です。シングルマザーの京子さんとお付き合いして2年経ちます。

 

京子さんは私と同い年で9歳の息子さんがいます。

 

シンママとのお付き合いって大変じゃあと周りから言われますが、いつも楽しく過ごしています。そんな私がなぜシングルマザーの京子さんとお付き合いすることになったのか、その体験談について説明させていただきます。

 

なぜ私はシンママと付き合いたいと思ったのか?

 

 

シンママの方の印象って皆さんいかがでしょうか?

 

「一度離婚しているから、性格がきつい?」

 

「何か特殊な癖があるんじゃあ?」

 

そう思う方が多いのではないかと思います。少なくとも私の周りの人はそうです。ですが、私はそうは思いませんでした。

 

シンママの方は一度結婚しています。当たり前ですが、それがある意味メリットになりうるのです。

 

人生経験が豊富で男性への理解がある

 

 

一度結婚して失敗しているということはそれだけ人生経験が豊富で、恋愛経験も豊富です。

 

全体的に自立している人が多く、相手を「女性」として気を遣う(言い方を変えるとご機嫌をうかがう)必要がない場合が多いです。故に余計な心労も少なく、心がやすらぐのです(もちろん相手にもよりますが、そのような方が多い印象です。)

 

別の言い方をすると、包容力や自立心が強いといえばよいのでしょうか。

 

独身女性よりも現実的

 

 

若い独身女性の場合はルックスや刺激を重視しますが、苦労人でもあるシンママは「優しさ」、「誠実さ」、「経済力」を重視します。

 

なので、びっくりするくらい綺麗なシンママにでもルックス普通な男性が付き合えるチャンスだってあるわけです。

 

自己評価が低い

 

 

多くのシンママの方は離婚することによって、「恋愛に失敗した」と卑屈になっている人が多いです。言い方を変えると自己評価が低く、それが包容力につながっているとも言えます。

 

割り切った大人の関係を望む場合もある

 

 

シンママは子供のこともあるので、結婚願望が高い場合もありますが、逆に「結婚やまじめな恋愛はもうこりごりだけど、寂しさを埋めることできる男性が欲しい」という人もいます。

 

シンママは現実的な方が多いので、金銭面さえなんとかなれば、寂しさを埋めるための遊び相手が欲しいと思うのです。

 

現実、私と京子さんの関係もそんな感じのお付き合いです。勿論通常のカップルのようなデートもしますが、基本的にはセックスだけのデートのことも多いです。その辺りは京子さんの都合に合わせるようにしています。

 

後述するように、シンママだからこそある苦労もあるにはあるのですが、そこさえ理解出来れば、びっくりするほど美人のセックスフレンドを手に入れることだってできるのです。私は正直、人並みのルックスですが、誠実さや、やさしさを見せることによって、これまで数多くの芸能人のようなシンママと関係を築いてきましたし、今もその幸せの真っただ中にいます。

 

独身女性の美人さんはライバルが多いですが、シンママの美人さんはライバルが少ないです。自分がイケメンでなくても十分にチャンスがあります。

 

どうやって私はシンママと出会ったのか?

 

 

では、本題に入ります。私はどうやって京子さんと出会うことができたのでしょうか?

 

シンママの人と出会う方法は大きく分けて2つです。それは、「昔からの知り合い」か「全く新しい出会い」のいずれかになります。

 

昔からの知り合いのシンママとお付き合いするシチュエーション

 

 

昔からの知り合いと久しぶりに出会うところからお付き合いに発展するのは概ね以下のようなケースではないでしょうか?

 

SNS経由での連絡

 

 

最近はツイッターやFacebookを活用して、昔の友達を見つけるのも簡単になりました。昔話に花が咲いて、久々に会ってみようよ、ということになり、話をしてみたら、最近離婚したばかりで・・・というところから始まる恋はよくあることかと思います。

 

同窓会や部活・サークルなど昔のコミュニティ

 

 

似たようなケースになりますが、同窓会や部活・サークル関連の出会いもよくあるケースです。積極的に参加しているとそういう話もあるかもしれません。マイナビの調査によると、同窓会などから恋愛に発展したケースは10.5%と言われています。私の周りにも同窓会経由でお付き合いが始まったという話をよく聞きました。

 

職場・アルバイト先

 

 

職場やアルバイト先でもシンママの方とお付き合いを始めたという方もいらっしゃると思います。

 

一緒に仕事をしていて、そのまま恋に落ちる。社内恋愛・社内結婚が多いのもうなずけます。

 

共通の趣味で

 

 

好きな音楽が同じの人はライブ会場で、スポーツが好きな人は、例えばテニススクールなどで出会いがあるかもしれません。趣味が共通ということもあり、話も弾み、そのまま恋愛に発生したという話はよく聞きます。

 

しかし、私がシンママと出会ったのはこのいずれもシチュエーションでもなかったのです。同窓会やサークルの仲間には離婚して子供がいる女性はいませんでしたし、職場・アルバイト先にいたシンママは中々時間も合わなかった、最近通っているジムにいる女性も中々話が合わない

 

ということで、周りにいるシンママの数が少なく、時間や話が合わない。そのような環境の方は「新しい出会い」に活路を見出すよりほかはありません。

 

全く新しい出会いをどうクリエイトするか?

 

 

シンママにより多く出会うためには、それ相応の集まりに参加しなければなりません。

 

ただ、女性はシンママであることを隠す傾向にあります。自分が心を許した人にしか、顔と名前を明かさないでしょう。そうなると、より効率的にシンママに出会うには、マッチングアプリを利用するのがより効率的になります。

 

マッチングアプリというと、「PCMAX」や「ハッピーメール」などを思い受かべる人がおおいかと思いますが、通常のマッチングアプリではシンママが数はそう多くありません。

 

私が利用していたマッチングアプリはシンママの方が多く利用しているサイトです。男性の方はそこに登録すればシンママに出会うことができますし、女性の方が登録すればシンママに出会いたい男性と会うことができます。

 

実際にシンママと出会うことができるマッチングアプリの数は少ないですが、そこに登録者が集中しているため、世の中の出会いたいシンママ及びシンママと出会いたい男性が一同に会している状態になっています。

 

シンママの方、シンママと出会いたい男性におススメしたいマッチングアプリ3選

 

私がシンママと出会うために利用していたマッチングアプリと婚活パーティサイトを紹介したいと思います。

 

マリッシュ(marrish)

有名サイトの中でもシンママとの出会いに特化している唯一のサイトと言っていい、マリッシュ(marrish)は間違いなく、私の一番のおススメです。
先ほど紹介した京子さんともこのサイトで出会いました。「再婚の応援」を掲げるアプリだけあって、ユーザーの多くがバツあり、シングルマザーに理解がある人ばかりです。
バツイチやシンママ&シンパパには"いいね"ポイントが増量するといったうれしいサービスも展開しています。

 

>>マリッシュ(marrish)の申し込みはこちら

 

 

目的 費用 年齢層 地域
恋活〜婚活まで幅広く対応

登録:無料
メール送信:無料(男性は月額2,980円)

30代〜40代 全国

PARTY☆PARYTY

2位にはPARTY☆PARTYを推したいと思います。私の場合、マリッシュで出会いを探しつつ、PARTY☆PARTYやシャンクレールが主催するパーティに参加していました。
とにかくシンママ対象の婚活・お見合いパーティが多いのが特徴で、平日開催もありますから、家事・育児や仕事の都合に合わせて参加することができます。
基本となるのは、個室でのプチお見合い形式で、1対1でじっくりと話せますし、相手のプロフィールを何度も見れるタブレット婚活も人気です。

 

>>PARTY☆PARTYの申し込みはこちら

 

目的 費用 年齢層 地域
恋活〜婚活まで幅広く対応

3000円〜

30代〜40代 東京・大阪・札幌・名古屋・福岡・全国

シャンクレール

シャンクレールもバツイチ向けの婚活パーティを展開しています。女性の参加費が安いため、非常に多くの女性が参加しているのが特徴です。
こちらも個室婚活がメインですが、数十名が参加するレギュラーパーティも開催されており、さまざまな形での出会いが期待できます。
40代以上を対象とした「大人の再婚」パーティーもありますので、対象者はおススメです。

目的 費用 年齢層 地域
婚活寄り

1000円〜

40代以上 東京・大阪・神奈川(横浜)・全国

 

出会ってから、お付き合いするのに大切なこと

 

 

出会う方法が分かったら、次はどのようにお付き合いをできるようアプローチするか、です。

 

私の体験談をもとに説明したいと思います。

 

シンママの気持ちに寄り添う

 

 

「気持ちに寄り添う」という言葉ほど「言うは易く行うは難し」なことはないと思いますが、独身女性との違いについては、まず頭に入れておくべきです。

 

シングルマザーの方の多くは時間的に、金銭的にも余裕がありませんし、一度結婚を失敗しているので、恋愛に慎重な人が多いです。

 

シンママとお付き合いしたい人はとにかく地道さと根気強さが必要で、誠実さをアピールし続けなくてはいけません。セックスフレンド狙いでも同様です。そうでないと、「なぜわざわざ訳ありの自分を選ぶのか、独身女性を選べるはずなのに・・」と思ってしまいます。

 

私の場合もはじめ、京子さんはそう思っていたといってました。

 

まずは、何よりも独身女性よりも男性を疑いやすい彼女らの気持ちへ寄り添うことが必要になります。

 

子供のことを理解する

 

 

シンママには当然ながら、子供という、自分と同等かそれ以上に大切にしなければならない存在がいる、ということだけは肝に銘じておかないといけません。

 

その為、シンママとお付き合いするには、以下の3点が必要です。

 

子供が好きなこと

 

シンママをマリッシュで検索していると、殆どの方が「子供好きの男性」をお付き合いの条件に挙げています。

 

その先の結婚を見据えると当然ですが、子供と相性が悪ければ、結婚どころかそれ以前の関係も成り立たないと考えてください。

 

子育ての苦労を理解する

 

子育てについての軽はずみな発言はNGです。私は独身なので、最初はその辺りのことに疎く、これまで何人か女性を不愉快な気持ちにさせてきたと思います。

 

先ほどの「子供が好き」という要件と矛盾しますが、あまりそれをアピールしすぎると、女性からは軽く安易な男性と思われてしまいます。

 

2人で会うことが急にできなくなる可能性があることを理解する

 

独身女性と比べるとシンママと二人きりであうことが難しいことは子育ての観点から考えれば理解できるのではないでしょうか?

 

子供のトラブルでデートに行けなくなったりしても寛大な態度で受け止めることが重要です。

 

まとめ

 

 

  • シンママは現実的かつ包容力があることが多い。また、過去の結婚の失敗から寂しさを埋めるだけの関係を求めることが多い
  • 世の男性はシンママというだけで敬遠する人が多く、それゆえ到底手が届きそうにない美人でもお付き合いできるケースもある
  • 但し、独身女性とは違いを理解し、子供が最優先であることを寛大な態度で受け止めてあげなければならない。
  • 相性の良いシンママ女性を探すにはマッチングアプリを利用すると効率的である。

 

シンママと2年お付き合いしている私がおススメするマッチングアプリ・婚活サイトはこちら

 

マリッシュ(marrish)

有名サイトの中でもシンママとの出会いに特化している唯一のサイトと言っていい、マリッシュ(marrish)は間違いなく、私の一番のおススメです。
先ほど紹介した京子さんともこのサイトで出会いました。「再婚の応援」を掲げるアプリだけあって、ユーザーの多くがバツあり、シングルマザーに理解がある人ばかりです。
バツイチやシンママ&シンパパには"いいね"ポイントが増量するといったうれしいサービスも展開しています。

 

>>マリッシュ(marrish)の申し込みはこちら

 

 

目的 費用 年齢層 地域
恋活〜婚活まで幅広く対応

登録:無料
メール送信:無料(男性は月額2,980円)

30代〜40代 全国

PARTY☆PARYTY

2位にはPARTY☆PARTYを推したいと思います。私の場合、マリッシュで出会いを探しつつ、PARTY☆PARTYやシャンクレールが主催するパーティに参加していました。
とにかくシンママ対象の婚活・お見合いパーティが多いのが特徴で、平日開催もありますから、家事・育児や仕事の都合に合わせて参加することができます。
基本となるのは、個室でのプチお見合い形式で、1対1でじっくりと話せますし、相手のプロフィールを何度も見れるタブレット婚活も人気です。

 

>>PARTY☆PARTYの申し込みはこちら

 

目的 費用 年齢層 地域
恋活〜婚活まで幅広く対応

3000円〜

30代〜40代 東京・大阪・札幌・名古屋・福岡・全国

シャンクレール

シャンクレールもバツイチ向けの婚活パーティを展開しています。女性の参加費が安いため、非常に多くの女性が参加しているのが特徴です。
こちらも個室婚活がメインですが、数十名が参加するレギュラーパーティも開催されており、さまざまな形での出会いが期待できます。
40代以上を対象とした「大人の再婚」パーティーもありますので、対象者はおススメです。

目的 費用 年齢層 地域
婚活寄り

1000円〜

40代以上 東京・大阪・神奈川(横浜)・全国